2009年09月12日

コミックアンリアル21号発売

コミックアンリアル20号突破記念に
色紙を描かかせていただきました。
http://ktcom.junreal/p/

アブノーマルな作品や異種姦、人体改造などをメインにおいた
商業漫画誌としてはなかなか異例な雑誌だと思いますし、
この本が存在し継続される意味のある本だと思ってます。
編集長をはじめ、編集さんもやる気のある方が作っていますし、
描かせてもらっている事を抜きにしても応援してる雑誌ですので
30号、40号、50号、100号と続いて行くことを願います。

さて、色紙に絵を描くなんて何年ぶりだろう、
たまにイベントでスケブをお願いされることもありますが
基本、売り子が一人のサークルなので
書いてる暇がなくてお断りさせてもらう事もあり、
実際、アナログで絵を各作業自体、すごい久しぶりだった気がします。
何はともかく今月号を買われた方には当選の権利があるそうですので
よかったら送ってあげて下さい。
とはいえ、今月号は一回お休みいただいたので
載ってないんですけどね。
連載作品、プリンセスフォールダウンもいよいよ佳境に入ってますので
よかったら応援よろしくお願いします。
アンケートの方も編集部宛にお願いします~。

危険思想



RG07203 at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)│ │告知 | 商業作品

2009年09月11日

ドット大好き

ドット絵好きな自分は
ニコニコなんかでもドット絵作品やら講座やらをずーっと見てるんですが、
特に好きなのは安田電影公司さんの動画集ですね。
何回見ても飽きないですし、非常に勉強になりますね。
自分ももっとドット絵描いてうまくなりたいものです。

危険思想



RG07203 at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)│ │ゲーム制作 

2009年09月10日

BloG090910A


■姫
ミレイユ・フィロメナ・ドルワ・ジグムンド・アシュラン
【Mireille Philomena Druwa Zygmunt Ashlune】
(ミユ)

神聖王国アシュランのジグムンド13世と王妃エイブラハムの娘、
王位継承権第一位。
騒がしい事の苦手な内気な彼女は
宮廷争いや喧騒多き、王都アシュランよりは
生まれ故郷であるシルヴァンティエ地方の城に滞在する事も多く、
北東方部を守る騎士団に属する
主人公であるヴェルディン、アリアとの交流も深い。
統治者として必要な気品と優雅さ、
崇拝者として必要な慈愛と優しさを併せ持つが、
真昼から夢の世界に入り込み、ボーっとしてしまう様な
ボケっとした一面も持つ。
フィアンセとしてハンブレーウス卿がいるが
彼の歪んだ性格の為、人間的交流が育めずにいる。
その為か、ヴェルディンに淡い恋心を抱いており、
彼の負傷の知らせを聞くとすぐにシルヴァンティエ城へと駆けつけた。
だが、ヴェルディンはその恋心に目をつけ、
彼女を利用し、「聖職者の蜜」の練成を行う。


■シルヴァンティエ地方
 神聖王国アシュランの北部全域地方を指す。
 バークーフェン帝国まで連なるエンジェリン山脈が横断する様にそびえ、
 円十字軍と称するアシュリシア騎士団に土地を奪われた
 少数亜人民族、他神崇拝者も住まう土地、
 冬の長い生活するには不自由を強いられる土地柄。
 中央部要所にはシルヴァンティエ城が建つ。

■シルヴァンティエ城
 北方の異民族征討のための要とされる城で今作の物語の中心となる城。
 主人公の慰問とフィアンセにあう為に姫が滞在している。
 北方三騎士団が駐屯している。

■聖職者の蜜
 神の血脈、巫女、神子から得られる神雫
 (愛液、精液、唾液、乳液、腸液を混ぜたもの)に
 自然エネルギーの具現化、結晶体プネウマを与え練成した秘薬。
 姫一人から多量の神雫を手に入れるために主人公は
 姫に多量の魔力を注ぎ込み、肉体改造を施す。

■バークーフェン帝国
 結晶世界ラピスラズリ、アスティニア北東部に位置する
 世界を二分するもう一つの大国。
 政治形態は絶対的強者が統べる完全帝王制。
 世界最大の金の採掘量を誇り、武力でも経済力でも他の国を圧倒する。

■円十字
 アシュリシア教のシンボル。
 敬虔な信徒は肌身離さず身に付け、日に三度の簡式の礼拝を欠かさない。


非常にわかりやすい形の御姫様としてデザインしていただきまして
また茶川さん的な要素も入れてあり、
なかなかにお気に入りなデザインに仕上がりました。
主人公は彼女をフィアンセから寝取ったり、
主君である事をいい事に姫に命じて女騎士をいいように利用したりと
このキャラクターは散々な目に合う事になりますが、
そこが彼女のいいところ、
姫には不幸な運命に苛まれていただく事にしましょう。

さて、今回の作品はメインヒロインを二人配しております。
(他にサブキャラの女性キャラもいますがあくまでメインはこの二人)
前回の黒夜神は一人のキャラクターを深く掘り下げるのを
目的として作っていたのですが
今回はヒロインとヒロインとの絡み合いと
その二人の改造度合によって変わるエロシチュエーションを
愉しめるように考えて作っています。
まあ、このゲームの中心に置いたエロ要素はまだあるんですが、
それはまた違う機会にお話しします。

危険思想


原画、キャラデザ担当のHG茶川さんからコメントを頂いております。
(シナリオやTIPS作成は危険思想が担当しております。)




姫に関しては、作中で設定どおりの雰囲気が出せればいいですね。
今回の企画では差し替えパーツが多用されますが、
おっぱいの形状は特に気を使うようにしています。
危険思想さんに確認をとってもらいながら形状を整えています。

HG茶川



RG07203 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)│ │CrossinGKnighTMarE